ル・パルフェ社の密封ビンはジャム、ピクルスなどの食材の長期保存に最適です。サイズは0.5L、0.75L、1L、1.5L、2L、3Lと6サイズあり用途に応じてお選びいただけます。

ル・パルフェ Q&A
Q.脱気とはなんですか?
A. 脱気とは食品とフタの間に残る空気を減らし真空状態にするために行います。ビンを加熱することによりビンの中に残った空気を膨張させ、内部の圧力が上昇すると内部の空気が外部に逃げていきます。さらにボーカル、テリーヌの場合はパッキンのゴムの伸び縮み、またダブルキャップの場合は、内フタの伸び縮みで空気を逃がし、ビンが真空状態になります。そのため常温まで冷ませば、これで外気の進入はシャットアウトすることができます。この機能を使い手作りの料理をおいしく安心して保存できます。
Q.脱気の時間に目安やきまりはありますか?
A.レシピやビンのサイズによって脱気の時間は異なりますが、脱気時間が短すぎる場合、簡単にフタが空いてしまいます。
Q.ボーカル、テリーヌの金具、フタなどばらばらにしても良いですか?
A.本体、フタ、金具は特殊な製造工程で組み立てていますので、絶対にバラバラにはしないでください。
Q.ボーカル、テリーヌのフタは取り替えることができますか?
A.ボーカル、テリーヌのフタは取り替えることはできません。
Q.ジャム(コンフィチュール)にもっとも適したビンはどれですか?
A.ジャムポットが適しています。
Q.ボーカル、テリーヌとダブルキャップの脱気の違いはなんですか?
A.脱気の原則は同じですが(100度まで温度を上げることで、真空状態に近づきます)方法が異なります。ボーカル、テリーヌの場合はパッキンのゴムの伸び縮みで空気を逃がし、ダブルキャップの場合は、内フタの伸び縮みで空気を逃がします。
Q.何でも保存できますか?
A.基本的には何でも保存できます。
Q.いったん脱気したら、保存の期間は何でも同じですか?
A.通常、何年も保存可能ですが、1年以内の消費をお勧めしています。
Q.脱気をしすぎると問題がありますか?
A.ありませんが、食材に火が通り過ぎてしまい、美味しくなくなってしまう可能性があることがあります。
Q.脱気の後、すぐ熱湯からだしたほうがいいですか?それともさめるのを待ったほうがいいですか?
A.熱湯が冷めてからビンを出すようにしてください。